不倫が発覚した場合

不倫の結末は、色々なパターンがあります。

夫婦関係に溝ができ、離婚した場合、不倫していた相手と再婚したパターンがありますが、このパターンは、慰謝料請求でもめる事はあっても、誰もが納得の出来る解決策と言える方法です。

不倫の中でも、相手に依存している不倫は悲しいものがあります。いくら恋しくても相手は既に結婚しているのです。女性の場合、都合のいい女としてしか見られていない事もあり、いつまでたっても報われない恋で終わる可能性があります。

いいところで区切りをつけ、新しい恋を探しましょう。もし、不倫していて、配偶者に不倫の事がわかってしまった場合、心底から話し合う事が必要です。

話し合いの結果では、離婚問題に発展する可能性があります。もし、離婚問題になった場合、慰謝料の請求になりますが、その金額は、かなりの高額になります。もし、不倫相手に子供がいる状態ですと、離婚してしまった場合、慰謝料の他にも養育費等が請求される場合もあり、話し合いでの解決が出来ない場合は、弁護士を通じて解決策を検討しましょう。

不倫は、婚姻関係を破壊する原因になります。

男女関係に関しては、既婚者と未婚者で、しっかりと区切りをつけ、不倫関係にならないようにしていくほうが無難なのです。