どこからが不倫?

不倫や浮気、いけないと思っていても、相手に不満があるとしてしまうのがこれらの問題です。しかし、初めから浮気や不倫をするというのは無いのです。きっかけがあるのが不倫ですが、それはどこからなのでしょう?好きになった男性には、既に奥さんがいたというのは、不倫につながるので、いけない事です。もし、奥さんにわかってしまうと、トラブルに発展してしまい、慰謝料の請求が来る可能性もあるのです。男性の場合も同じで、好きになってしまった女性には既に旦那さんがいた場合、そこから不倫関係に発展してしまうので、相手の家族にわかってしまうと、慰謝料請求の対象になります。

慰謝料一般的に不倫はいけない事になりますが、好きになってしまうと、関係が長く続いてしまう可能性があり、いつまでも不倫関係に歯止めがかからなくなります。不倫関係がなくならない場合、夫婦が離婚して、不倫相手と再婚する場合もあります。その場合、解決の方向性がありますので、慰謝料の兼ね合い等も、話はスムーズになる可能性があります。しかし、かなり難しいケースでもあります。不倫と、浮気の差は、浮気は遊びで付き合い、性行為も行う事で、不倫は、気持ちも入り、お互いが愛し合ってしまうので、後の事が大変になります

 

不倫が発覚した場合

不倫の結末は、色々なパターンがあります。夫婦関係に溝ができ、離婚した場合、不倫していた相手と再婚したパターンがありますが、このパターンは、慰謝料請求でもめる事はあっても、誰もが納得の出来る解決策と言える方法です。不倫の中でも、相手に依存している不倫は悲しいものがあります。いくら恋しくても相手は既に結婚しているのです。女性の場合、都合のいい女としてしか見られていない事もあり、いつまでたっても報われない恋で終わる可能性があります。いいところで区切りをつけ、新しい恋を探しましょう。

もし、不倫していて、配偶者に不倫の事がわかってしまった場合、心底から話し合う事が必要です。話し合いの結果では、離婚問題に発展する可能性があります。もし、離婚問題になった場合、慰謝料の請求になりますが、その金額は、かなりの高額になります。

もし、不倫相手に子供がいる状態ですと、離婚してしまった場合、慰謝料の他にも養育費等が請求される場合もあり、話し合いでの解決が出来ない場合は、弁護士を通じて解決策を検討しましょう。不倫は、婚姻関係を破壊する原因になります。男女関係に関しては、既婚者と未婚者で、しっかりと区切りをつけ、不倫関係にならないようにしていくほうが無難なのです。

参考リンク→https://www.adire-isharyou.jp/
不倫による慰謝料問題について無料相談を行っている“アディーレ”です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket